ヘルパンギーナ ヘルペス 違い

ヘルペスとヘルパンギーナは同じじゃないの?症状の違いとは

スポンサーリンク

夏風邪の一種であるヘルパンギーナと症状がよく似ているヘルペスについて確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナとヘルペスの違いについては】
夏風邪の代名詞であるヘルパンギーナですが、その症状の特徴は、水泡や高熱、倦怠感が見られます。
なかでも40度近くもある高熱が数日間も続いてしまうことで心配しますよね!口腔内にできる水泡が潰れてしまうとただれてしまうので口の中が不快になることが多く、乳幼児ではそのことを表現することが難しくて、泣いてしまったり、ぐずることが多くなります。

 

熱も高いのがこの症状とも言えますが、口の中の水疱もいくつもできて、喉のあたりにくっついています。
この口内炎のような症状はヘルペスと違います。

 

ヘルパンギーナであれば、コクサッキーウイルスによるエンテロウイルスが原因で水疱ができるのですが、これに効く薬はありません。
自然治癒するのを待つしかないのです。
ヘルパンギーナの熱が下がれば自然と快方に向かうことでしょう。

 

それではヘルパンギーナとヘルペスとの違いは何でしょう?実は、ヘルパンギーナもヘルペスにも喉に水疱ができて口内炎になります。
それに高熱がでるので見た目だけでは全く違いがわかりません。
大きな違いは、ヘルパンギーナが夏風邪だとすれば、ヘルペスは季節性がないということでしょう。
1年中発症している疾患です。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナが回復するまで】
大流行する疾患ですが、潜伏期間は2〜3日ほどです。
感染率もすごく高い疾患ですのでこの潜伏期間中にうつってしまうこともあり、注意しなければいけませんが、風邪と似ている症状から見落としがちになってしまうでしょう。

 

また、口腔内の潰瘍が潰れることで、食欲不振になってしまうことで、体力が衰えて治りにくくなるとも言われています。
この口腔内にできた潰瘍もの3日あれば潰れますので治りは早いほうでしょう。

 

また潰れたあとは1週間ほどで回復しますのでそれまでは、喉越しのよいものを食べるようにしましょう。
喉が痛くても水分補給することは忘れないでくださいね!とくに乳幼児であれば、脱水症状を引き起こしてしまいかねません。
白湯を冷ましてあげるのもいいですよ!ヘルペスとの症状の違いは見られませんね。

 

ヘルペスとの違いがほとんどないのがわかりましたが、少しの変化でも気づくことができれば治療も早く始めることができるでしょう。

スポンサーリンク