ヘルパンギーナ プール熱 違い

ヘルパンギーナとプール熱の違いについて

スポンサーリンク

夏といえば大流行する感染症にプール熱やヘルパンギーナなどがあります。
どちらも咳や鼻水が出ない代わりに喉の痛みがあり水泡ができることで知られています。
どの様な違いがあるか確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナやプール熱に違いはあるの?】
夏に大流行するヘルパンギーナとプール熱の違いについて確認しましょう。
どのような原因で症状が現れるのか、また有効な治療法などに大きな違いはあるのでしょうか?これらは、一般的な風邪とは違い感染症ですので周囲の人たちにうつることが分かっています。
特に乳幼児や小学生の子供たちを中心に流行しています。

 

突然高い熱が出始めることが多く39度近くまで上がってしまうこともあるのでびっくりしてしまいますよね!発熱後には口の中に水泡ができるのですが喉の辺りにも多くみられる症状で、食べ物を飲み込むのがすごく痛くて辛いと言う子供も多いようです。

 

単なる夏風邪と違いエンテロウイルスが病原体です。
飛沫感染や接触感染しますが潜伏期間も2日〜4日程度ですのであっという間に症状が出ます。
予後も安定していますが髄膜炎や心筋炎との合併であることも見受けられます。

 

スポンサーリンク

 

【プール熱はどんな症状?違いはあるの?】
ヘルパンギーナと見分けるための特徴はあるのかプール熱についてみてみましょう。
プール熱は咽頭結膜炎というのが正式病名です。
特に5歳以下の乳幼児に起こりやすく、夏では小学校でも大旅行をします。

 

他の夏風邪との違いはなくプール熱も飛沫や接触感染するのです。
病原体は、ヘルパンギーナとは別のアデノウイルスです。
このアデノウイルスの感染力は非常に強くプールなどの施設で大流行しやすいと言われています。
プール熱と言う名称はここから来ているものでしょう!このように症状に違いがあると言えるでしょう。

 

 

【ヘルパンギーナ、それぞれの治療法】 
それぞれの治療法は自然に解熱するのを待つのが一般的でしょう。
喉が痛くて辛い場合には抗ヒスタミン薬を用いて症状を抑えましょう。
目ヤニも増えてきて、目が充血してしまい、痛みが生じることもありますが目薬をさせば次第に症状も治るでしょう。

 

頭痛や倦怠感なども熱が下がれば徐々に回復しますので大丈夫でしょう。
ヘルパンギーナに感染したことで、夏のプール授業に1回もでれないということもあるでしょう。
せっかくの夏なのに、ヘルパンギーナやプール熱などの感染症にかかってしまうことで大好きなプールに入れなくてガッカリしちゃう子供たちのためにももう二度とこれらに感染しないように予防法を試してみましょう。

 

ヘルパンギーナの予防法ですが、それは手を洗い、うがいをすることです。
このような当たり前のことで予防もできると考えられています。
普段の生活でとり入れてみましょう。
それでも感染してしまったら、しっかりと治療すれば早めに回復しますよ!

スポンサーリンク