ヘルパンギーナ 熱 何日続く

ヘルパンギーナの症状では熱は何日続くの?

スポンサーリンク

赤ちゃんや乳幼児が感染しやすい夏の風邪といえばヘルパンギーナです。
何日続くかわからないほどの高い熱の症状がありますが、その感染経路や治療法など対処法はどの様なものがあるのか確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナは何日続く?】
ヘルパンギーナの症状として、水泡や高熱が見られますが、そのなかでも38度以上の発熱が何日続くか確認しましょう。
口の中では口内炎水疱が潰れた後のただれ、そして喉の炎症、倦怠感やけいれんなどが見られます。

 

この熱はかなり高い傾向にありヘルパンギーナの代表的な症状と言えるでしょう。
また、この症状とともに口腔内にも水泡がたくさんできてしまいます。
小さいものから大きいものまではっきりと確認できるものですのでママも最初に気づいてあげられることでしょう。

 

さて、ヘルパンギーナは2〜3日で回復する病気ですが症状を発症した時の高熱はかなり高いので注意が必要です。
もしも、高熱が4〜5日と続くようであれば病院を再診することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナ!回復まで何日続く】
このヘルパンギーナでは、潜伏期間の2〜4日程度、何日か続く間も感染率が非常に高い病気です。
何日か続くことで体力が低下してしまい、また免疫力も落ちてしまうことから十分に水分補給などをしてあげましょう。

 

口腔内の水泡は約3日ほどで破れてしまいます。
その後1週間程度すれば皮膚は回復すると言われています。
3日程度で下がり始めますが何日続くかわからないほどのケースもまれにあります。
このように熱が何日続くことで、髄膜炎などの合併症を発症しているケースもありますので必ず病院を受診しましょう。

 

さて、ヘルパンギーナの高熱が何日続くかは症状により違いますが40度近くに達することもありますので小さな子供では目が離せませんね。
この熱が続いている間も排泄物からはウイルスが出ています。
オムツをかえるなどした場合には必ず手を洗いましょう。

 

またおむつ交換には使い捨ての手袋をはめることをお勧めします。
ヘルパンギーナの症状が続くのはつらいですが2次感染しないようにしっかりと治療しましょう。

スポンサーリンク