ヘルパンギーナ 感染 妊娠後期 注意点

妊娠後期でヘルパンギーナに感染!注意点はなに?

スポンサーリンク

乳幼児の間で大流行するヘルパンギーナは感染力が強いことでも知られています。
すでに子供を持ちその子供が保育園や幼稚園などでヘルパンギーナに感染してしまった場合、ママのお腹に赤ちゃんがいたらその子に感染するリスクなどはあるのでしょうか?妊娠後期での感染について注意点を確認しておきましょう。

 

 

【ヘルパンギーナに感染!妊娠後期の注意点】
夏に大流行するヘルパンギーナは、乳幼児〜小学生くらいまでの子供たちが90%以上と言われています。
このように感染力の強いヘルパンギーナですが、子供がうつってしまうとそれを看病しているママやパパにもうつってしまう恐れがあります。
とくに妊娠後期などお腹に赤ちゃんがいる状態でうつることは大丈夫なのでしょうか?

 

一般的なヘルパンギーナの症状は、急な高熱にはじまり、喉が痛くなると咽頭付近に赤いブツブツが見られ、その赤みを帯びた湿疹が黄色い潰瘍になってくると、その潰瘍はつぶれてしまい、まるで口内炎かもしれないほど痛みなどを生じると言われています。
また、高熱が出ていることで頭痛の症状もあります。
この段階での注意点は、周りにうつさないことでしょう。

 

 

ヘルパンギーナは、非常に強い感染力を持っているので、子供に症状が出た場合には看護する大人でもマスクなどの予防をすることが注意点でしょう。
それは、すでに潜伏期間もあり、その間も一緒に生活しているママが一番うつりやすいと考えられているからです。
妊娠後期であれば、お腹の胎児もほぼ出来上がっている状態ですので感染を気にするのは当然でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

【注意点から確認するママの妊娠後期】
妊娠期間中であっても胎児に感染しないと言われています。
それはウイルスは胎盤を通らないからです。

 

しかし、妊娠後期では話が違ってくるのが注意点です。
とくに臨月など妊娠後期であれば、出産時に赤ちゃんにヘルパンギーナがうつるリスクが高まると言われています。
このようなことにならないためにも妊娠後期にはなるべく人混みなどは避けるなどの注意点を守りましょう。
妊娠期間中は人が大勢集まる場所へは出かけないように注意しましょう。

スポンサーリンク