ヘルパンギーナ 大人 症状 軽い原因

大人のヘルパンギーナの症状で軽い原因はなぜ?

スポンサーリンク

夏風邪の一種でおもに乳幼児が発症すると言われているヘルパンギーナですが、実は大人でも感染することが分かっています。
それは自分の子供から感染していることが多く症状的には重くないようですが、なぜ感染するのか症状が軽い原因についてみてみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナは大人も感染する】
夏に子供たちが感染しやすいと言われているヘルパンギーナですが、非常に強い感染力を持つので、子供が症状を発症していると周囲の大人も感染してしまう疾患だと言えるでしょう。
通常であれば、乳幼児から小学生くらいまでの子供たちを中心に流行します。
おもな症状も急な発熱・発熱にともなう頭痛や嘔吐・下痢・咽喉にできる潰瘍などですが、潜伏期の中でもうつるほどの感染力があるので注意しようもありません。

 

さて、自分の子供からうつってしまうことで大人でもヘルパンギーナに感染します。
しかし、状況があまりひどくならない場合が多いと言われています。
症状が軽い原因は何か確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【軽い原因はなぜ?大人の症状】
ヘルパンギーナに2次感染した場合の大人は、比較的安定していると言われています。
軽い原因はどうしてなのでしょうか?
ヘルパンギーナに感染しても軽い原因は、普段から割と栄養を摂っているので感染力が強いと言われているヘルパンギーナでも、ちょっとした風邪と同じようなであるからだとも言われています。

 

また、大人での症状では高熱がでることも少ない傾向にあるようです。
やはり、高熱が出ないのもある程度の免疫力がついていると考えられるからです。

 

このように大人のヘルパンギーナの症状が軽い原因がわかりましたが、まれに重症化することありますので油断は禁物です!重症化すると乳幼児と同じく髄膜炎などの症状が現れてしまいます。

 

ヘルパンギーナの軽い原因は、普段の健康状態にあったのですね!また、大人の感染から、さらに周囲にもうつりますのでマスクをするなど予防しましょう。

スポンサーリンク