ヘルパンギーナ 喉の痛み 期間

ヘルパンギーナの喉の痛みが続く期間

スポンサーリンク

ヘルパンギーナとは夏季に大流行する風邪の一種です。
発熱や口の中に水疱性の発疹ができてしまうことが特徴でしょう。
これは急性ウイルス性咽頭炎とも呼ばれています。
どのような症状なのか原因とともに説明しましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの喉の痛みの期間】
ヘルパンギーナは、子供を中心として発症する夏風邪の代表疾患です。
ヘルパンギーナを発症すると非常に高い熱と、喉の痛みや頭痛などが伴ってきますが何の前触れもなく高熱が出るので心配するママも多いことでしょう。

 

主な症状として、口腔内に症状がでますが喉の痛みはどれくらいまで続くものなのか、その症状や期間など特徴を見てみましょう。
ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスなどのエンテロウイルスが口腔内の喉に増殖すると言われています。

 

主な症状として38度以上の高熱や口の中では口内炎や水疱が破れた後のただれの症状が見られます。
また、倦怠感や関節の痛みなどがあるともいわれています。
40度近くの熱が出た場合には熱性痙攣を起こすことも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【喉の痛みの期間】
喉にできる水泡ですが一つだけとは限らず直径2mm〜4mmほどの大きさがいくつもできてしまうことがあります。
大きなものが喉にできていれば、痛みの期間も長引くことでしょう。

 

小児科で診察してもらうときにまず口腔内を確認してみるとヘルパンギーナの特徴である水泡や口内炎を見ることができるでしょう。
飛沫感染などによる感染経路でうつっていますが感染している子供を看病しているママ達もマスクをしたり手洗いうがいを忘れないことが大切です!この喉の痛みの期間は何日ぐらい続くものなのでしょう。

 

ヘルパンギーナも発症から数日間で回復すると言われている病気ですが、感染力が強いのでママやパパにも感染し大人が症状を発症してしまうことも多いと言われています。
体調管理は必要ですね!

 

ヘルパンギーナでは喉の痛みの期間は長いことから、飲み込みやすい食事を取らせてあげることが必要です。
例えばゼリーなど。
しかし、口内炎の炎症ではオレンジジュースなど痛みを伴ってしまうこともあるので注意が必要でしょう。脱水症状にならないためにも水分補給を忘れずに行いましょう。

 

水泡は2〜3日程度で破れてきて、その後1週間程度で回復すると考えられています。
以外と長期間ですね。
その頃には喉の痛みも治ることでしょう。
喉の痛みはつらいけど水分補給だけは忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク