ヘルパンギーナ 症状 下痢続く

下痢続くヘルパンギーナの症状

スポンサーリンク

夏の季節に流行するヘルパンギーナですが、下痢続く症状があると言われています。
それがなぜなのか本当にヘルパンギーナの症状なのかを確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの症状で下痢続くのはなぜ?】
夏の大流行疾患ともいえるヘルパンギーナの症状では、下痢続くことが多いようにもおもえます。
やはり、ウイルスに感染していることが原因なのでしょうか?

 

実は、ヘルパンギーナの症状としてコクサッキーウイルスが感染源なのですが、これが腹痛や下痢を起こすと言われているのです。
下痢続く症状では、体内に入ったウイルスを外に排出するためではないかという見方が一般的でしょう。

 

このような下痢続く場合には、ヘルパンギーナだけではないでしょう。
体内に悪いものが混入すれば、排出するために働く免疫がある訳です。
この免疫力が優れていればこそ、ヘルパンギーナの原因のコクサッキーウイルスを出すために下痢続くことになってしまうのでしょう。
それはある意味、体の免疫力が優れているからかもしれませんよ!

 

【いつまで続くのか下痢続く症状】
ただし、下痢続く症状ですので長く続いてしまえば、消化器官などの機能も低下して熱も出やすくなってしまいます。
それでも、下痢続く症状がウイルスを根本的にやっつけてくれているので、2〜3日は続きますが辛抱しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【もうすぐ治るよ!】
高熱も38度を下回ってくれば、次第に緩和されてくるでしょう。
ただし、40度近い熱が続くようであれば、水分補給を忘れずに、冷たいタオルで和らげてあげましょう。

 

口内炎ができてしまうので、唾を飲むことさえも嫌がることになりますが、、2,3日程度で回復しますので様子をみてあげましょう。
喉を気持ちよく通るような食べ物を用意するといいでしょう。

 

たとえば、ゼリーなどツルンとした喉を通れば、潰瘍にあたることもありませんし、間違って、潰瘍が潰れてしまうこともないでしょう。
ヘルパンギーナは痛みもありつらいものですが、10日ほどの辛抱ですよ!

スポンサーリンク