ヘルパンギーナ 痛み 緩和方法

ヘルパンギーナの症状で痛みがある場合の緩和方法

スポンサーリンク

夏風邪の一種ヘルパンギーナの症状の特徴である喉や頭の痛みなどの緩和方法を見てみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナ、喉や頭痛の痛みの緩和方法】
ヘルパンギーナは、多くの子供たちを中心に大流行する夏風邪です。
ヘルパンギーナを発症することで、39度近くもの高い熱と、喉の痛みや、頭痛、腹痛を発症します。
突然に前触れもなくいきなり高熱がでてしまうことで、インフルエンザだと心配してしまうことも多いはずです。

 

おもに、口腔内にできた潰瘍や喉の痛みです。
喉の痛みや頭痛などの緩和方法はあるのでしょうか?また、このような痛みはいつまで続くのか、症状や緩和方法をみてみましょう。

 

ヘルパンギーナとは、コクサッキーウイルスのエンテロウイルスが口腔内に増殖することで感染します。
症状として高熱・口内炎・水疱・潰瘍の症状や、倦怠感や関節痛などは高熱のせいで起きている症状だと言えるでしょう。
また、症状がおもくなれば合併症を患うこともありますし、高熱がひどければ、熱性痙攣を引き起こすでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナ!緩和方法は痛みをやわらげる?】
感染症であるヘルパンギーナでは、高熱だけでなく、頭痛や喉の痛みなどの緩和方法があるのでしょうか?緩和方法としては、冷たい飲み物などを飲ませてあげることや潰瘍には処方された軟膏を塗ることです。
ただし、幼児では口の中の薬は嫌がることもありますので、無理に塗る必要もないでしょう。

 

冷たくしたゼリーやヨーグルト、コンソメスープなども冷やしたり、麦茶や白湯も冷たくしたものを飲ませてあげましょう。
このようにヘルパンギーナの緩和方法などできることも少ないのですが、自然と熱が下がるまで、子供の機嫌をとり一緒に病気をやっつけてあげるといいでしょう。

 

乳幼児や小学生が発症してしまうヘルパンギーナですが、喉や頭痛、発熱などの症状が重くのしかかります。
それでも10日すれば回復しますので、しっかりと治療してあげましょう。

スポンサーリンク