ヘルパンギーナ 症状 熱が続く

ヘルパンギーナの症状で熱が続くのはなぜ?

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは夏に流行する感染症です。
初期症状から高い熱が続くことで知られています。
どのような症状が続くのか確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの熱が続く症状】
夏の感染症であるヘルパンギーナですが、おもな症状は発熱・頭痛・口腔内疾患です。
その中でも初期症状で多いのは、38度以上もの高い熱が続くことでしょう。
これが意外としぶとくていつまでも熱が続く症状で、しかも高熱なので赤ちゃんがヘルパンギーナを発症すると心配することでしょう。

 

このような熱が続くほかには、時期を同じくして口腔内に発疹ができてきます。
この小さな潰瘍は喉をあたりに集中していることから、食事もままならないことで体力的にも衰えてしまうと言われています。
このような場合には、冷たくてスッと飲み込める食べ物や飲み物を与えてあげましょう。
飲み込めないからとそのままにしていることで脱水症状を引き起こしてしまいかねません。

 

口の中にできた水疱が潰れると症状も徐々にですが良くなっていることでしょう。
この時点でまだ熱が続くようであれば、二次感染している可能性もありますし、髄膜炎などの合併症が引き起こされていることもあります。
このような場合には、早めに病院を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナの特徴である熱が続く症状】
高熱が続く場合には、合併症を疑ってみる必要もあるでしょう。
一般的には3日ほどで平熱になりますが、いつまでも続いて、喉の痛みも引かないようであれば、重症化している可能性が非常に高いでしょう。
髄膜炎を発症している場合には、髄液の検査を行ってウイルスが検出されれば髄膜炎だと断定できるでしょう。

 

ヘルパンギーナを予防することはできません。
ウイルスが大便から排泄されるまでは感染力が高いので、プールや温泉などには入らないことが今ではルール化されています。
学校でもヘルパンギーナがでれば出席停止にしているところもあります。
それだけ感染力が強いことが特徴的だと言えるでしょう。

 

ヘルパンギーナの特徴である発熱もいつまでも続くのはつらいですよね!普段から感染しないためにも手洗いうがいを徹底しましょう。

スポンサーリンク