ヘルパンギーナ 乳児 症状

乳児のヘルパンギーナに症状について

スポンサーリンク

夏に大流行するヘルパンギーナですが、5歳以下の乳幼児に多く発症することが知られています。
このような乳児に発症するヘルパンギーナの症状について確認してみましょう。

 

【ヘルパンギーナになぜ感染】
ヘルパンギーナは、特に6月〜7月にかけて大流行するウイルス性の感染症です。
夏休みに入った8月頃には減少しだすのですが、秋になればほとんど感染者は出ないと言われています。

 

またヘルパンギーナは乳児・小学生と集団生活をしている子供たちに広まる傾向にあるのは、多くの子供たちがくっ付きながら遊んだり、おもちゃなどもみんなで使用していることで、既にウイルスに感染している唾や鼻水などが飛沫することが原因だと考えられています。

 

 

【乳児の症状】
ヘルパンギーナの乳児の初期症状では、突然高熱が出始めます。
この熱は38度〜40度近くまで上がってしまいますので、乳児もびっくりしてしまいますし、気がついたら高熱の影響でぐったりしていたり、熱性けいれんを引き起こしてしまっていることだってあるでしょう。

 

この状態ではすでに感染力も高いので、看病をしている周囲の大人もマスクや手洗いなどの予防対策を取りましょう。
そして、乳児の症状でも口腔内に発疹ができます。
最初は赤みを帯びている丸い粒が喉の奥に張り付いています。

 

これは徐々に黄色い潰瘍に変化します。
この潰瘍が潰れてしまうと口内炎のような症状になると考えられています。
また、この潰瘍も痛いけれども、喉もものすごく痛みを生じます。

 

唾も飲み込めず、乳児では自分の症状を口に出せませんので、どれほど痛みがあるのか伝わりにくいかもしれませんね。
食欲も低下しますし、飲み物さえも受け付けなくなるほどの痛みですが、そのままにしてはいけません!感染の流行時期は夏場ですので熱中症になる恐れもあります。
水分補給はぜったいに必要でしょう。

 

スポンサーリンク

 

【乳児には冷たい飲み物を】
乳児の症状で痛みがあり食事を受け付けないようであれば、冷たくした食べ物や飲み物がいいでしょう。
スープ・ヨーグルト・全粥などすっと身体に入っていくものが望ましいとされています。

 

【ヘルパンギーナの予防】
ヘルパンギーナの症状を発症しないようにするには、手洗いやうがいを徹底することです。
感染している子供との接触も控えましょう。
ヘルパンギーナの症状ではときに熱性けいれんを起こしやすいので、高熱が出ている夜間などもしっかりとケアするといいでしょう。

スポンサーリンク