ヘルパンギーナ 症状 鼻水と咳が出る

鼻水と咳が出る症状はヘルパンギーナ?

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは夏風邪の一種ですので、一般的な風邪と同じように鼻水と咳が出るのが特徴です。
どのような症状で治癒期間がどれくらいなのか確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの症状】
初夏にかけて大流行する夏風邪の一種ですが、乳幼児〜小学生までに多くみられる感染症です。
原因はコクサッキーウイルスです。
ヘルパンギーナの症状が現れるのは、潜伏期間の3日〜5日後になります。
意外と潜伏期間が短いように感じますよね。

 

この期間では周囲に対しても感染力があるので注意するといいでしょう。
感染後に発症すると、39度以上もの高熱が3日間は続きます。
頭痛などの症状もあるため乳幼児は非常につらいでしょう。

 

喉の奥にできた、赤い水泡は潰れると黄色い潰瘍にかわります。
喉に近い場所にできることから物を飲み込むのが厄介です。
そのような場合には、食べやすいものを用意するといいでしょう。
たとえば、ゼリー、スープ、ヨーグルト、麦茶を冷やしてあげると喜びます。

 

水泡が潰瘍になるころには、喉の痛みなども緩和されて症状も次第に治まるでしょう。
しかし、鼻水と咳が出る場合はどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナの鼻水や咳が出る症状】
ヘルパンギーナの症状で鼻水や咳が出ることはよくありますが、そのような場合は心配しなくても大丈夫なのでしょうか?
ヘルパンギーナの症状に見られる鼻水と咳が出ることについて説明します。

 

ヘルパンギーナでは通常は風邪のような鼻水と咳が出ることはまずないと言われていますがそれは間違いのようです。
ヘルパンギーナの症状の時に体力が落ちていることから鼻水と咳が出る一般的な風邪に感染していることがよくあると言えるでしょう。

 

また、一般的な風邪でなくても、もしかしたらヘルパンギーナの水泡や潰瘍などがつぶれた状態が喉に触り鼻水と咳が出る原因になってるのかもしれません。
鼻水と咳が出ることもありますが治療は同じです。
しっかりと治療しましょう。

スポンサーリンク