ヘルパンギーナ 喉の痛み 緩和方法

喉の痛みがあるヘルパンギーナの緩和方法

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは夏風邪の代表的な疾患ですが、喉の痛みが特徴的です。
特に乳幼児は、喉が痛ければ食事も思うように食べることができず、不機嫌になったりイヤイヤの期間が増えてしまうかもしれません。
乳幼児が痛がる喉の痛みについて緩和方法があるのでしょうか。

 

【ヘルパンギーナ、喉の痛みの緩和方法】
ヘルパンギーナは、子供たちを中心として大流行する夏風邪の代表疾患でしょう。
ヘルパンギーナを発症することで、40度近くの高い熱と、喉の痛み、頭痛、腹痛などを発症します。
いきなり熱がでてしまい、インフルエンザかもとおもう親も多いことでしょう。

 

おもな症状は、口腔内の喉の痛みや潰瘍です。
喉の痛みの緩和方法などはあるのでしょうか?どれくらいまで続くか、症状や期間など、緩和方法を見てみましょう。

 

ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスのエンテロウイルスが口腔内に増殖します。
おもな症状として40度近くの高熱や口内炎や水疱、水疱が破れて潰瘍などの症状が見られます。
また、高熱のせいで倦怠感や関節痛もあるといわれています。
症状がひどければ熱性痙攣を起こすことも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナの緩和方法で喉の痛むをやっつけよう】
ヘルパンギーナの喉の痛みの緩和方法は、のどごしの良い冷たい飲み物やゼリーなどを食べさせてあげると痛みが和らぐでしょう。
それ以外の緩和方法としては、潰瘍に軟膏を塗ってあげることですが、小さな子供では薬をとても嫌がりますので無理強いすると泣いてしまうこともあります。
そこはぐっと我慢して塗ってあげましょう。

 

それでも無理なようであればゼリーやヨーグルト、スープを冷たくしたり、白湯も冷やしてあげるとしっかりと栄養も水分を取ることができてご機嫌も治るかもしれません。
ヘルパンギーナの喉が痛いのは本当につらい症状です。

 

また、潰瘍もつぶれしまいますし、食事も喉を通りません。
脱水症状を引き起こさないように見守りましょう。

スポンサーリンク