ヘルパンギーナ アデノウイルス 違い

ヘルパンギーナとアデノウイルスの違い

スポンサーリンク

夏風邪の一種であるヘルパンギーナは、エンテロウイルスが病原体です。
それでは同じように感染力の高いアデノウイルスについてどのような違いがあるのか説明しましょう。

 

 

【ヘルパンギーナとアデノウイルスの違いとは】
夏に子供たちを中心に大流行するヘルパンギーナは、なぜ起きてしまうのでしょう。
症状は、突然の高熱です!39度近くまで熱がでるので不安に思うママも多いはずです。

 

また、口の中や喉の付近にも水泡状の潰瘍ができるのが特徴的です。
飲み込むことや食べることが痛くてガマンできない子供たちは、食欲不振になってしまうこともあるでしょう。
そのような場合には、無理をせず、子供が食べやすいゼリーやヨーグルトを食べさせてあげましょう。

 

この疾患は、感染症ですがエンテロウイルスが影響しています。
集団で遊ぶことの多い保育園や幼稚園などでは、飛沫感染や接触感染しやすく、感染すると2日〜4日ほどで症状が現われはじめます。
それではアデノウイルスとの違いは何でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【アデノウイルスはプール熱のこと】
ヘルパンギーナの感染源とは違うのがプール熱の特徴です。
咽頭結膜炎とも呼ばれているプール熱の感染こそアデノウイルスが関係しているのです。
ヘルパンギーナよりも高熱が続いたり、喉の痛みだけでなく、目の痛みや充血することもあるので夏のプールを楽しみにしていた子供たちをガッカリさせてしまう疾患でしょう。

 

ヘルパンギーナとの違いも確認しましょう。
咳や喉の痛みのほかにも下痢や腹痛になるようです。
嘔吐もしますのでヘルパンギーナと似ているようですが大きな違いは結膜炎です。
結膜炎になることで目のかゆみがでますし、目ヤニも増えてきます。

 

また眼球が痛むこともあります。
この時点ではプール熱だと気がつかないこともあります。

 

またヘルパンギーナも感染しますが、アデノウイルスによるプール熱では、唾液や目ヤニ、大便なども感染源になりプールの水を間違って飲んでしまった場合でもうつってしまうことがヘルパンギーナとの大きな違いでしょう。
アデノウイルスとの違いがわかりましたね。
どちらにしても感染力が強いので注意すべきでしょう。

スポンサーリンク