ヘルパンギーナ 症状 咳

咳が治らないのはヘルパンギーナの症状

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは乳幼児や子供が発症しやすいと言われているウイルス性感染症です。
季節的に毎年6月から8月にかけて大流行することで知られています。
このヘルパンギーナでは高熱を発症するケースが非常に多く咳や喉の痛みもあります。
いつまでも続く咳の症状について確認してみましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの症状】
ヘルパンギーナとは、6月〜初夏にかけて大流行する夏風邪の一種です。
乳幼児から小学生ぐらいまでに多くみられる感染症です。
原因となるコクサッキーウイルスにはいくつもの型があり、一度、ヘルパンギーナを発症してもまた繰り返し感染することも多くあります。

 

ヘルパンギーナの症状ですが潜伏期間が3日〜5日ほどあるようです。
この期間でも周囲に感染力があるので注意する必要があるとも聞きますが、注意のしようがありませんよね!感染後に39度以上の高熱が続きます。
3日間は頭痛などの症状とともに発熱もあるので子供には大変な疾患でしょう。

 

喉の奥にできてしまった、小さくて赤い水泡はやがて潰れて黄色い潰瘍にかわります。
しかし、喉に近い場所ですので、物を飲み込むのが非常に厄介で、食事を摂ることさえ無理だと言えます。
そのようなときには、無理強いしないで、本人が食べやすいものを用意してあげましょう。
たとえば、ヨーグルト、ゼリー、スープを冷やしてあげてもおいしいでしょう。

 

水泡が潰れると潰瘍になります。
このころには、喉の痛みも緩和されていることでしょう。
症状があるようであれば解熱剤や軟膏を処方してもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

【咳の症状について】
ヘルパンギーナの症状では、咳が出ます。
これは風邪と同じような症状ですので、咳やくしゃみなどにより飛沫感染をして周りの人にうつしてしまうこともありますので注意が必要です。
この咳については、熱や鼻水などが止まった後もしばらく続くことがあります。
しっかりと手洗いうがいをすると感染予防ができるでしょう。

 

また、外から帰ってきたら洋服についたホコリを払うのも効果的です。
咳が出るというのは体に入ったウイルスを外に追い出すための防御策です。
ですので咳が出たことで問題が生じているわけではありません。
自然とヘルパンギーナの症状が治るのを待ちましょう。
咳がでる子供の面倒をみる方はマスクをして予防しましょう。

スポンサーリンク