ヘルパンギーナ 症状 熱が下がらない

ヘルパンギーナの症状で熱が下がらない原因は何?

スポンサーリンク

5歳以下の子供に多く発症する夏風邪の一種ヘルパンギーナは、高熱をはじめとした様々な症状が引き起こされます。
特に熱が下がらない時の対処法を確認しておきましょう。

 

 

【ヘルパンギーナの熱が下がらない症状】
感染症であるヘルパンギーナの症状では、水泡や発熱があります。
とくに38度以上の発熱の症状が続いてしまい、なかなか熱が下がらないことはあります。
また、発熱と同じくして口の中でも粘膜がただれてしまったり、水疱ができてしまいます。
その水疱が潰れると口内炎のような症状になると言われています。

 

このような症状が特徴的なヘルパンギーナですが、喉の炎症がいつまでも続いたり、熱が下がらないのは何かほかに原因があるのでしょうか?
実は、この熱が下がらない症状がヘルパンギーナの一番の特徴だと言えるでしょう。
この熱のせいで倦怠感が起きたり、頭痛の影響もでてくるのでしょう。

 

しかし、この症状も2,3日すれば治まることでしょう。
熱が下がらないというのは5日目くらいです。
この時点で病院を受診してもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナの熱が下がらない注意点】
ヘルパンギーナの特徴である高熱ですが、高い熱が下がらないことで体力が低下することも考えられています。
喉が痛くてもゼリーやヨーグルトなど飲み込みやすいものを食べさせてあげましょう。

 

実は、熱が下がらない場合には髄膜炎などの合併症を引き起こしていることも考えられます。
このようなことのないように普段から感染しないように過ごすことが重要です。
ヘルパンギーナでは抗ウイルス剤はありません。
予防法はとにかく手洗い・うがいを徹底することでしょう。

 

【回復まで期間はどれくらい?】
夏に流行する疾患ですが、潜伏期間は2〜4日程度と言われています。
感染率が高い病気ですが、口腔内にも水泡ができるのも特徴です。
3日ほどで破れてしまいますが、1週間もすれば皮膚は回復するでしょう。
高熱も3日程度で収まります。

 

熱が下がらなくても慌てないことです!また夜あわてて受診するよりも次の日でも大丈夫か見極めることを覚えましょう。

スポンサーリンク