ヘルパンギーナ 症状 腹痛

ヘルパンギーナの症状とは?腹痛はあるの?

スポンサーリンク

こどもの病気は季節によって気を付けたいものがありますが、特に夏に大流行しやすいものにヘルパンギーナがあります。
腹痛などの症状がでるのが特徴ですが、しっかりと対処法などを知って、慌てずにケアできるようにしておきましょう。

 

 

【ヘルパンギーナとは】
コクサッキ―ウイルスによっておこる感染症のひとつで、子供が感染しやすく夏に流行りやすい病気として知られています。
潜伏期間は2〜5日で、発症すると通常の風邪同様にのどの痛みや発熱、そして腹痛や下痢を伴うのが特徴的となっています。

 

 

【ヘルパンギーナの症状とは】
ヘルパンギーナは発症すると、38度〜40度近い熱を出すのが特徴で、口内炎やのどに水泡ができるの特徴的です。

 

それと合わせて、下痢や腹痛を訴える事も多く、下痢や腹痛も2〜3日続くため、喉の痛みや熱、腹痛、下痢という症状が同時に出る事で小さな体のこどもなどは、こじらせてしまう事もあるため、十分に注意する事が大切です。

 

スポンサーリンク

 

【ヘルパンギーナに感染したら】
ヘルパンギーナは、感染力がかなり強いため感染、発症すると保育園や学校は出席停止扱いとなります。
完治するまで学校や保育園には行けなくなるため、流行りだしたらうがい手洗いの徹底などで十分に注意する事も大切ですが、食事や早寝早起きなどで抵抗力を高めておくことも大切です。

 

 

【症状は腹痛以外にも多数】
症状は腹痛や口内炎意外にも多数あり、高熱や嘔吐などをする場合もあります。
特に顕著な症状である高熱や口内炎が出た場合、または近くでヘルパンギーナの症状が出ている場合は、感染を疑って早めに病院を受診するようにしましょう。

 

感染力つよいウイルスに感染すると、とにかく早めの受診が大切です。
放置してしまうと、周りにどんどん菌をまき散らしてしまう事もあるため、まれに発熱などの症状が出ないという事もありますが、口内炎や腹痛など怪しい症状が出ている場合は、念のため病院で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク