ヘルパンギーナ 症状 発症 原因 対処法

ヘルパンギーナの症状、発症の原因と対処法

スポンサーリンク

【ヘルパンギーナとは】
ヘルパンギーナの原因は、コクサッキ―ウイルスによっておこる感染症のひとつで、子供が感染しやすく夏に流行りやすい病気として知られています。
潜伏期間は2〜5日で、ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、通常の風邪同様にのどの痛みや発熱、そして腹痛や下痢を伴うのが特徴的となっています。

 

 

【ヘルパンギーナの症状とは】
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、38度〜40度近い熱を出すのが特徴で、口内炎やのどに水泡ができるの特徴的です。
それと合わせて、ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、下痢や腹痛を訴える事も多く、下痢や腹痛も2〜3日続くため、喉の痛みや熱、腹痛、下痢という症状が同時に出る事で小さな体のこどもなどは、こじらせてしまう事もあるため、十分に注意する事が大切です。

 

 

【ヘルパンギーナに感染したら】
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、感染力がかなり強いため、保育園や学校は出席停止扱いとなります。
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、完治するまで学校や保育園には行けなくなるため、流行りだしたらうがい手洗いの徹底などで十分に注意する事も大切ですが、食事や早寝早起きなどで抵抗力を高めておくことも大切です。

 

 

【よだれに注意】
特に、こどもがかかりやすい事からも、大流行する事が多くなっているため、流行の兆しが見えたら予防をする事が大切です。
小さなこどもの場合、ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、喉の痛みがある事からつばをうまく飲み込む事ができなくなり、よだれが大量に出る事があります。

 

このため、こどもがヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、
よだれによって二次感染を起こす事が多く、日ごろから関わる親が消毒などを徹底する事はもちろんですが、遊んだおもちゃなどの消毒を行うなど、小さなこどもからこどもに移るのを予防することが大切です。
特に、年子などのこどもを抱えている家庭では十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【症状は腹痛以外にも多数】
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症すると、腹痛や口内炎意外にも多数あり、高熱や嘔吐などをする場合もあります。
特に顕著な症状である高熱や口内炎が出た場合、または近くでヘルパンギーナの症状が出ている場合は、感染を疑って早めに病院を受診するようにしましょう。

 

ヘルパンギーナを原因とした症状が発症した時の対処法は、とにかく早めの受診が大切です。
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症した時に、対処法をとらずに放置してしまうと、周りにどんどん菌をまき散らしてしまう事もあるため、まれに発熱などの症状が出ないという事もありますが、口内炎や腹痛など怪しい症状が出ている場合は、念のため病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

 

【ヘルパンギーナ!回復まで何日続く】
このヘルパンギーナでは、潜伏期間の2〜4日程度、何日か続く間も感染率が非常に高い病気です。
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症し、何日か続くことで体力が低下してしまい、また免疫力も落ちてしまうことから、対処法として、十分に水分補給などをしてあげましょう。

 

口腔内の水泡は約3日ほどで破れてしまいます。
その後1週間程度すれば皮膚は回復すると言われています。
3日程度で下がり始めますが何日続くかわからないほどのケースもまれにあります。
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症した時は、このように熱が何日続くことで、髄膜炎などの合併症を発症しているケースもありますので、対処法として、必ず病院を受診しましょう。

 

さて、ヘルパンギーナの高熱が何日続くかは症状により違いますが40度近くに達することもありますので小さな子供では目が離せませんね。
この熱が続いている間も排泄物からはウイルスが出ています。
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症した時は、対処法として、オムツをかえるなどした場合には必ず手を洗いましょう。
またおむつ交換には使い捨ての手袋をはめることを、対処法としてお勧めします。
ヘルパンギーナの症状が続くのはつらいですが2次感染しないようにしっかりと治療しましょう。

 

 

【軽い気持ちは危険?】
子どもがヘルパンギーナを原因とした症状が発症した場合、登園目安や登校目安をどうするか、という点は非常に重要な問題です。
もし登園目安を勝手に判断しまだ完治していない状態で行かせてしまうなら、必要以上に感染を広げてしまう可能性があるからです。
ですからヘルパンギーナを原因とした症状が発症した場合、登園目安や登校目安に関して、まずは医師の検査、判断を仰ぐべきである、と言えます。
見た目だけで登園目安を決めてはいけません。

 

 

【時間が掛かることも】
ヘルパンギーナを原因とした症状が発症した場合、完治するまでの登園目安がどのくらいの期間かは場合によって異なりますが、場合によっては数週間かかることもあります。
急がず慌てずに、治療に専念するということが必要です。
また対処法として、体調が急変するなどした場合、すぐに病院へ行けるような用意もしておく必要があるでしょう。
そのようにして、子どもを病気から守ることができます。

 

ヘルパンギーナは水疱瘡に似た皮膚に疾患のあらわれる病気です。
主に子どもがなりますので、幼稚園や学校に通っている子どもの登園目安や登校目安等に関して親が気を付けてあげる必要がありますし、医師の診断が欠かせません。

スポンサーリンク